育毛剤で悩みバイバイ│薄毛に負けない育毛術

髪の悩みは男女共通

下を向く女性

加齢やストレスが関係

薄毛といえば中年期以降の男性に特有のものというイメージがありますが、実は女性の中にも悩んでいる人が少なくありません。さらに、薄毛イコール男性という印象の強さから女性向けの対策はどうしても男性に比べて脚光を浴びにくいという現状が、悩みをさらに深いものにしています。今後は女性の薄毛対策にさらなる注目が集まることで、悩める人々に有益な情報が伝わりやすくなるような状況が来ることが期待されています。女性の薄毛は加齢に伴って起こることが最も多くなっていますが、それ以外の要因もあります。特に最近では生活習慣やストレスとの関係が取りざたされています。規則正しい生活を送り、なるべくストレスをためないようにすることが改善のための第一歩となります。

必要に応じ専門医の診断を

女性の薄毛の原因として第一に挙げられるのが、新陳代謝の衰えです。年齢が高くなるとどうしても新しい細胞が生まれづらくなり、発毛力が低下します。また、更年期に至ってホルモンバランスが崩れることも原因の1つです。女性ホルモンが低下すると、男性ホルモンが優位に立って男性の薄毛と似たような状態になってしまいます。ただしこれらの原因は常に加齢に伴うものとは限りません。たとえば無理なダイエットなどで栄養が不足すると新陳代謝の機能は低下しますし、妊娠中であればホルモンバランスも乱れがちとなります。薄毛対策には生活習慣の見直しが重要であることは先に述べましたが、専門医の診断を受けるという選択もあります。ホルモンバランスを整える薬や血行促進効果のある薬などを使用することで、1人1人の症状に応じた対策を講じてくれます。